若いフリーターの方が就職しやすいことは間違いない。改めて自分の価値を知ろう。

スポンサードリンク

採用されやすい職種は人材不足になっている、それを逆手にとって就職しよう

現在、正社員の求人は多くの業種で売手市場となっています。
その中でも採用されやすい職種は慢性的に人材不足になっています。
そこを逆手にとって就職活動すれば、フリーターであっても正社員への道は十分に可能です。

人は誰かに必要とされれば、やる気もわいてくるものです。
売手市場や人材不足という要素があるにしても、正社員として必要とされることは自分の価値を知ることになります。

やりたいこと、目標、夢など色々あるとは思いますが、そんな色んなことを含めて就職しやすい状態にあることは間違いありません。
このタイミングを掴んで1日でも早く動き出しましょう。

注意すべきは離職率、採用されてもすぐ辞めてしまうのは勿体ない

就職活動する際に注意すべきことは、応募企業の離職率です。
得てして採用されやすい企業というのは、離職率が高いこともあります。
離職率が高いということは、その企業に何らかの問題がある可能性が高いと言えるため、せっかく就職してもすぐに辞めてしまうリスクが考えられます。

1度の面接で即採用と言われるような企業は特に注意したほうがいいでしょう。
求人を紹介してくれるハローワークやエージェントでは、離職率についても確認することができますので、応募段階で聞いてみてください。

就職できればどこでも良いというわけではありません。
せっかく就職してもすぐに辞めてしまっては経歴に傷がついてしまいます。
向き不向きは当然ありますが、離職率があまりに高いところは避けた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

離職率が高いのには様々な理由がありますが、以下がポイントになります。

  • 休みが少ない
  • 残業代が出ない
  • 勤務時間が不規則
  • 労働環境が過酷
  • ノルマが厳しい
  • 問題があっても相談する窓口がない

ただしこれらの情報は就職する前に把握することが難しいのが現状です。
面接時に残業などについて質問すると嫌がる企業が多いため、面接で引き出すことも難しいでしょう。

就職してみるまで分からないというリスクをおかすことはできないので、転職エージェントなどに離職率について「それとなく確認」してみてください、
明確な答えは出ないかもしれませんが「それとなく答え」を聞くことができます。
担当者が曖昧な回答をする場合は、リスクが高いと思っていいでしょう。

とは言え、正社員として働くという経験を積む事は無駄ではない

経歴に傷がつくのが嫌だからという理由で、応募するのを敬遠してばかりいては就職できません。
フリーターでいる時間が長くなることはデメリットでしかありませんので、正社員として働くという経験を積む事は決して無駄な事でないと考え、前向きに就職活動をしましょう。

実際に就職してみたら思っていた以上に働きやすいというケースもあります。
要するに最終的に自分に合うかどうかは「働いて見ないと分からない」というのが答えになります。
だからこそ積極的に色んな職種にチャレンジしてみることも間違いではないのです。

スポンサードリンク