未経験からのIT転職で必要なヒューマンスキルと面接チェックポイント

【未経験からのIT転職】文系と理系どっちが有利?

未経験からのIT転職に関しては一般的には理系のほうが有利と言われます。採用人数や待遇面で、昔から理系を多く採用する傾向は高いです。しかしIT業界では、伝統的に理系を多く採用する大手電機メーカー以外は文系も積極的に採用している会社が多いです。特にWEBクリエイティブ系、ソフトウェア系では理系が有利なのは同じですが、文系を多く採用する企業もあります。

IT企業で求められるのは技術の知識だけではありません。ヒューマンスキルが必要になるのです。ITというとコンピュータに向かっての仕事だから、ヒューマンスキルが必要ないと考える人がいるかもしれませんが、大間違いです。

社会人としての柔軟性、基礎力、傾聴力、論理力、コミュニケーション能力、ストレス耐性、プレゼンテーション力、マネジメント力などが求められる職種でもありますから文系出身者もヒューマンスキルをアピールすれば十分勝ち目はあります。

技術は就職さえしてしまえば、いずれ身に付くものです。未経験でIT転職の場合は今現在の技術的スキルはそれほど問われません。重視されるのは、将来の戦力としてITエンジニアの技術を習得できる素養があるかどうかです。

東芝システムテクノロジー株式会社では「あなたがSEを目指すなら、最低限、情報技術の初歩は学んでおくことを望みます。これは、情報処理技術者試験「基本情報技術者」の受験を目指せるレベルであり、情報処理技術者資格取得が一つの目安です」とあります。

つまりITパスポートを取得したり、基本情報技術者の資格は有利に働くということです。実地経験でしか得られないような高度な技術は問われません。勿論資格の有無が採用で重視されるわけではありませんが、持っていると素養があると認められるのは確かですから有利に働くのです。

【未経験からのIT転職】コミュニケーション能力が最重要視される

未経験者の中途採用を募集する場合、IT企業が重視しているのがコミュニケーション能力です。次に主体性、積極性。その次がチームワークと協調性です。

その一方、ITに関する技術を重視するという回答は低めです。未経験のIT転職者に対して、ITに関する技術や知識はあまり求めておらず、働き出してから育ってくれればよいと考えている職場が多いのです。その意味では、IT転職を目指すのであれば年齢は若いほど優遇される傾向にあります。

その会社ごとに必要な知識やスキルは異なりますから、IT業界の経験がない人がいくら「IT技術に自信があります」と言っても実際のところ、それほど即戦力になるとは思えないという理由もあるでしょう。

コミュニケーション能力と言うと、接客業を想像する人がいるかもしれませんが、ITエンジニアに必要なコミュニケーション能力はニコニコと愛想笑いができることではありません。相手の言うことを理解する能力、自分の考えていることを相手に適切に伝える能力です。これは面接時のやり取りで判断されています。面接官の質問に対して、意図をきちんと理解して論理的に回答できるかが見られます。

例えばあなたが営業職をしていたとすれば当然なぜIT業界を希望したのかを100%尋ねられるはずです。これはどのIT企業でも同様でしょう。

「今の会社は通過点なので、入れればどこでもよかった」なんて面接で答える人はいないと思いますが、当然「正直ですね」という評価にはつながりません。

途中で夢が変わるということもあるでしょう。しかし一見ITとは関係ない経験でも、活かせるものがあるかもしれません。重要なのは論理的で整合性の取れた答えが出せるかです。

例えば営業職では様々な人との交流を経験し、コミュニケーションの重要性、問題解決のプロセスを学びました。この経験を御社での業務に活かしたい。こういう風に述べられれば良いのです。

【未経験からのIT転職】積極性が大事

積極性はどの職場においても重要です。
しかし、自分の得意分野で活躍したエピソードを延々とアピールするのはあまりプラスになりません。自分の得意なことに対しては誰でも積極的に取り込むからです。積極性というのは、入社してから主体的に仕事に取り組めるかどうかです。過去に積極的に取り組んだことがあるなら、それが仕事とリンクする内容でなくてはいけません。ようするに、会社側が知りたいのは、困難な仕事でもあなたが熱心に取り組んでくれそうかどうか、という点です。

前職で経験したことで応募企業での業務に活かせそうなことがあれば、どんどんアピールしましょう。意外なところでは、クレーム対応などがあります。クレーム対応したという話が、ストレス耐性やコミュニケーション能力ありと判断されて採用されることもあります。

業務以外でも社会人としてあなたが総合的に優れているかどうかを示すには積極性については非常に良いアピール材料になります。たとえばスポーツを長くやっていたというのも良いでしょう。単純に体力に優れていることを示すことができますし、根性のある人物だと判断してもらえることがあります。

【未経験からのIT転職】チームワークが大事

チームワーク・協調性は日本企業では重要視される点です。幼稚園の頃から「みんなで仲良くしましょう」「協力しましょう」と徹底して教育される傾向にあります。

では、IT業界で求められるチームワーク、協調性とはどんなものでしょうか?例えば自分は反対だと思っているのに、周囲が賛成したから何も意見を言うことなく黙って周囲に合わせる、というのが想像できるかもしれません。

しかしこれは協調性ではありません。妥協、迎合と呼ばれるものです。IT業界で求められるのは、周囲の人を巻き込んで動かす力。チームで掲げた目標に向かって実力を発揮する力。この二つです。

決してリーダシップを発揮しろというわけではありません。IT企業の作業はほとんどがチームで動きます。リーダーがいて、その指示に従って動きます。つまり協力しなければプロジェクトの成功は得られないのです。自分のためだけに動いている人には誰も協力してくれません。

リーダーは部下の能力を見極めながら作業を進めることで部下の信頼を勝ち取ります。部下はリーダーに認められるためにプロジェクトに巻き込まれ、自分の力を最大に発揮しようとします。

この時、妥協や迎合ではなく、反論がある場合には堂々と主張しましょう。逆に自分が間違っている時には速やかに軌道修正する。これが協調性です。

自分の意見が100%正しいということは、まずないのです。正しい部分もあれば、間違っている部分もあるでしょう。相手の意見を柔軟に受け入れ、良いところを取り込む、このために協調性が必要なのです。

【未経験からのIT転職】IT企業の面接でよく聞かれる質問

面接で聞かれるのは、色んなことがあります。何を聞かれるのかは分かりませんが、想定される質問に対しては、あらかじめ自分なりの答えを用意しておくことが大事です。

1.この仕事のどこに魅力・興味を持ちましたか?

仕事に大事なのはコミュニケーション能力です。自分が本当に興味のあることと入社後の業務と共通点を見つけアピールしましょう。

2.今のIT業界の課題はなんだと思いますか?

IT業界における課題は山のようにあります。この課題はきちんと確認しておき、自分ならどう解決するか?まで用意しておくと良いでしょう。大事なのは正解を出すことではありません。論理的思考と積極性が回答から見えるかどうかが重要です。

3.どんな自分になりたいですか?実現したい夢はなんですか?

「バリバリ働いて出世したいです」というのはNGです。子供ではないのですから、将来へのビジョンと計画性をアピールしましょう。この時「独立したい」も言ってはいけないNGワードです。(IT業界は独立する人が非常に多い業界です)会社に長く勤めるつもりはない、スキルが身に付いたら辞める人材を雇いたい会社はないからです。

4.リーダーの指示が間違っていた場合にはどうしますか?

リーダーに従います、というのはプロ失格です。かといって最後まで自分の意見を貫きます、も協調性に欠けます。チームワーク、協調性、リーダーシップについて良く考えてみましょう。

5.何か当社に対して質問はありますか?

最も準備しておかなければいけないのが「最後の質問」です。面接の最後に「何か当社に対して質問はありますか?」と必ず聞かれるので、この時に聞く質問をあらかじめ準備しておく必要があります。

どんな仕事があるのか?給与はどのくらい貰えるのか?

こうした質問は良くないです。企業のホームページに行けば、どんな仕事をしていて、どんな取引先がいて、どんな実績があるのか公開されています。給与に関しても募集要項に書かれていることです。この質問をすること自体が、会社に対して興味がないこと、企業研究が足りないことの表れです。

休暇の取得率はどのくらいか?

これも避けたほうが良いでしょう。仕事をするよりも、休暇を優先したい人間だという印象を与えてしまいます。

社風について

あまりにも漠然とした質問です。初対面の人に「あなたはどんな性格ですか?」と聞いたりしませんよね。失礼な質問なので避けましょう。

就職活動関連の本を読むと「好印象を与える最後の質問!」という読者をあおる情報もありますが、疑わしいものも多いです。そのような情報を鵜呑みにしてしまうと「対策ありきの質問」だなと相手にバレバレになってしまって、逆に印象を悪くしてしまうことがあります。

それらを念頭においた上で、あなたが本当に知りたいのはどんなことでしょうか?知りたいことがあるなら、質問すべきです。もし、聞きたいことがないというなら、それは企業研究が足りないということです。十分に企業研究を行えば、疑問が沸いてくるからです。

以上、これらの質問は良く聞かれるものなので自分なりの答えを追及してみてください。