世界を股にかけるITグローバルエンジニアを目指すには

グローバルエンジニアの仕事

国内だけではなく世界の各拠点で英語をはじめとする現地語を使いエンジニアとして働くのがグローバルエンジニアです。各企業は海外市場をターゲットにしています。ITエンジニアも国内にとどまるのではなく、海外に活躍の場を探すというのも珍しいことではなくなりました。特にインターネットの発達で国境と言う壁がなく、テレビ会議やメールで業務の連携が取れるようになったことから、日本国内にいながらグローバルエンジニアとして活躍する人が増えています。

英語は必須

グローバルな人材になるためには語学力は必須です。しかし語学力があればグローバルエンジニアとして活躍できるというと話は少し異なります。ITエンジニアである以上、言語力以外に専門性、知識、技術が必要になります。海外の企業は特に成果主義が著しいです。言語力があっても技術が劣っていれば生き抜くことはできません。

語学に関しては英語力が必ず必要です。日本人の場合、英語がネックとなってグローバルをターゲットにしない人が多いのですが、日本の英語教育が中国やインドに比べて極端に低いわけではありません。心理的な側面が大きいのです。実際、海外で働くすべての人がネイティブに英語で会話ができるわけではありません。最初は拙いながらも、少しずつ相手の言っていることを理解してお互いに仕事を進めるのです。

日本人であることの強み

グローバルエンジニアとして働きながら、日本人であることの強みを生かしたいならローカライズという分野があります。海外のソフトウエアの日本版を作るというもの。翻訳するだけではなく、日本語をハンドリングするための特殊機能が必要になります。日本の商週刊、商法、税法に適合させる、キャラクターやデザインを日本人好みの物にする、こうしたスキルはそれだけで仕事になります。

また海外のエンジニアと日本国内のエンジニアの橋渡しをするブリッジSEという仕事もあります。双方の国の言葉やビジネス習慣に精通することで円満に業務が進むように橋渡しをするお仕事です。