ITアーキテクトのキャリアアップ・転職プラン

ITアーキテクト/新しい情報システムを創造する

アーキテクト(architect)は建築するという意味の英語です。ITを建築する、つまりシステムやソフトウェアを開発するときプロジェクト全体の管理、設計、仕様策定などを行う人のことを言います。

ユーザーの要望を聞き出し、具体的に設計を行う業務で、企業に属することもありますが、SOHOで独立している人もいます。予算内に収まるよう、費用対効果がより高くなるよう、知恵を絞りながら設計し、システムのリリースまで持っていきます。また、ユーザーの要望をただ聞くだけではなく、更によりよいシステムを作るため自分から提案を行うこともあります。そして完成させるのが「要件定義書」です。

実際に家を建設するとき、設計図を描く人と家の工事を行う人は別です。これはシステム業界でも一緒です。様々なプロフェッショナル達の力をかりながらになります。プロジェクト全体をまとめるマネージャ、ネットワーク関連を構築するネットワークスペシャリスト。多くの人の協力を得ながら作られるシステムですが、この設計図を描くのがITアーキテクトなのです。

ITアーキテクトの専門分野

アプリケーションアーキテクチャ、インテグレーション・アーキテクチャ、インフラストラクチャ・アーキテクチャの3つがITアーキテクトの専門分野となります。

アプリケーション アーキテクチャ

ビジネス上の課題を分析し、アプリケーションの機能として設計する業務です。システム技術に関する知識、業務に関する知識が求められ、コンプライアンスや内部統制についても知識がなくてはいけません。

インテグレーション アーキテクチャ

単体のシステムを設計するのではなく、すでにある企業内のシステム、他企業との連携などの観点から設計をし、全体的な最適化を図る業務です。それぞれ独立したシステムの橋渡しをします。

インフラストラクチャ アーキテクチャ

システムで何を行うか、だけではなくどんなスペックにするのか、セキュリティやバックアップ等のシステム運用について設計する業務です。全てを両立させるわけにいかないようなケースで、何を切り捨て、何を優先させるのかなどの判断、コスト管理などを行います。

ITアーキテクトは最終的なプロジェクトリーダーでもある

ITアーキテクトの仕事は設計して、あとは任せておしまい、というわけにはいきません。複雑な設計図を作るとともに、プログラミング、各種テスト、リリース後は保守・運営、バグの回収、稼働状況の確認と性能の見直しと続きます。

予算や進捗情報に関してはプロジェクトマネージャーが請負いますが、最終的なリーダーとしてプロジェクトの核となるのがITアーキテクトなのです。

ITアーキテクトのキャリアアップ・転職プラン

プログラマからスタート

優れた設計者になるためには、まず優れた設計を知らなければいけません。そのためにもまずはプログラマとしてプロジェクトに参加し、実際に自分で設計しながら、その設計の良しあしを見極めるだけの「目」を養わなくてはいけません。

IT業界は変化が激しいです。1年前には最新だったことも、すぐに古くなるのが当たり前です。学ぶことを怠れば知識はどんどん古くなってしまいます。しかしほとんどの技術は従来の技術の積み重ねや改良によるものです。既存の技術を一つ一つしっかり学ぶことができていれば新しい知識が登場したときも差異を学ぶだけで済みます。

技術を学ぶには実践が一番です。知識だけをテキストで学ぼうとしても、実装をしらなければ矛盾や破たんに気付くことができないからです。現場でプログラマとして経験を積むことが、キャリアアップの第一歩です。

専門性を学ぶために・・・転職するならこのタイミングで

プログラマとして何年か実績を積めば、その分野の知識量がどんどん深まっていきます。これはあなたの強みとなるものです。そして同時に他の分野への理解も少しずつ進みますから、これがあなたの専門になっていきます。転職するならこのあたりのタイミングが最適でしょう。

転職や独立してITアーキテクトとして働いている人はそれぞれ自分の専門分野を必ず持っています。専門性が高まれば、その専門性を求める顧客と深いつながりができますから特定の顧客と何十年と言う付き合いになり、より顧客の業務に精通できるようになるのです。

幅広い知識を求めよう

専門性を極める人がいる一方で、幅広い知識を増やしていくという人もいます。始めは誰しも最低限の知識しかないものです。しかし色々なプロジェクトを経験することで技術的な知識が増え幅広い業務の知識を得ることで、より効率的なシステムを構築したり他のシステムとの連携などができるようになります。

より上流工程である法務の知識や経済の知識を求めることも大事です。これはITアーキテクトとして俯瞰的な視点を持つことに役立つからです。